Concept

緊張した心身を伊勢崎でもみほぐしの施術でリリース

交感神経が優位になりやすい現代の方々がリラックスできるよう

仕事では周囲と比較しては落ち込んだり優越感に浸ったりで、心が忙しくなります。他人と比較しても決して満たされないものの、そうしないとストレスに負けてしまいそうになるのかもしれません。育児においても子どもの価値観やご近所への体裁など、うまく調和が取れず、躾と親のエゴの線引きに迷いながら頑張る方もいるではないでしょうか。

そこにネットからの大量の情報が入り込み、現代人はどうしても交感神経が優位になりがちです。そこでもみほぐしを伊勢崎でお受けいただき、心身ともにリラクゼーションのひと時へと誘います。

心身ともに疲れ切ったときは伊勢崎でもみほぐしの施術でリセット

コップに注がれた水は、飲むか捨てるかをしないといずれ溢れ出したり、ひどいときはコップそのものが割れてしまったりすることもあります。心のストレスに関してはコップに注がれた水ほど具体的ではありませんが、原理は同様です。仕事・育児・家事・ご近所の対人関係などで感じたストレスは適度にリリースしていかないと、いずれ心が耐えきれなくなり、うつや不安が慢性化することも懸念されます。特に日本人の我慢強いという長所が、このストレスの適度な発散においては短所として働き、限界まで溜め込んでしまいがちです。

そうなる前に、伊勢崎でもみほぐしの施術を受けるのはいかがでしょうか。身体に溜まったこりをリセットすることで心も落ち着き、何事に対しても心にゆとりを持って対応できるようになっていくかもしれません。

東武・伊勢崎駅から車で7分と通いやすいサロンでもみほぐしを

毎日心が充実して自己肯定感が高い人は、おそらく日常的にストレスフリーに限りなく近い状態で生活できます。何があっても心にゆとりを持ちながら多種多様な人の価値観や行動を拾い心でありのままに理解を示せるような、器の広い人なのでしょう。しかしながら、このような理想的な心を持った人は、そうそういるものではありません。どこかしら自分の嫌なところが目に付き、自己否定が強い状態だと他人の何気ない行動も批判したくなるものです。

このような日々の中、仕事や育児に取り組むのは相当なエネルギーと気力が必要であり、その反動で肩こりや眼精疲労を抱える方も少なくはありません。このようなこりが気になったとき、気軽にもみほぐしを受けに来ていただけるようにと、東武・伊勢崎駅から車で7分と通いやすい立地で皆様をお迎えいたします。

全身もみほぐし・足つぼ・漢方オイル・ヘッドケアを伊勢崎で提供

ストレスに伴うこりや慢性的な疲れに悩むお客様に、施術ベッドの上でリラクゼーションをお届けするため、合計四種類の施術コースをご用意しました。これらのコースを組み合わせて提供するため、施術前のカウンセリング時には、遠慮なくお客様のご要望をお聞かせください。「肩こりと眼精疲労がひどく、デスクワークに支障が出る」といった場合には、全身への施術とヘッドスパで、頭部や目周辺の疲れをリリースするといいかもしれません。

「毎日相当量のお酒を飲み、最近胃もたれや倦怠感などが慢性的になって育児や家事に身が入らない」といった場合には、肝臓をはじめとする各所の内臓に疲労が蓄積していることが想定されるため、足つぼと漢方オイルで内臓へ働きかけるのも効率的です。このように、皆様のご要望に応じた柔軟な施術を提供いたします。

夫婦でもみほぐしを伊勢崎の皆様に提供し多様なご要望に対応

施術業界ではどうしても、男性の施術者の割合が多い傾向がございます。なぜなら、ベッドの上で指圧するのは側から見ている以上に体力と集中力を必要とするため、どちらかというと筋肉量が多い男性の方が向いていることが多いためです。これは施術の方法によっては力が必要ないものもあり、その場合は女性の繊細なタッチの方が向いていることもあるかもしれません。しかしながら、施術を受けたい女性の中には、男性には少々抵抗を感じる方もいらっしゃいます。

お客様には夫婦で足つぼや漢方オイルなどの施術にあたるため、もし女性の施術者の方が安心できるといったご要望がございましたら、遠慮なくお話しください。特に産後のうつや腰痛、生理などといった女性特有のお悩みは、女性の施術者だからこそ安心して話せることもあるかもしれません。

自宅での足つぼの指圧やもみほぐし法などを伊勢崎より発信

可能であれば毎日でもサロンに通って、全身の疲れやこりをリラクゼーションできるに越したことはありませんが、そのようなことをしていてはいくら時間とお金があっても足りないかもしれません。しかしながら、施術を受けに行けないけれどもどうしても緩和させたいこりや疲労感というものが、発生することもございます。特にデスクワークによる眼精疲労や肩こりや慢性化している場合は、その場で対応しないと生産性の大きな低下を招くこともあるでしょう。

このように職場やご自宅などでどうしてもこりや疲れを癒したいと思ったとき、気軽にできる足つぼの指圧やこりほぐし法などを、コラム記事を通して発信いたします。施術のプロだからこそ知っている専門知識に裏打ちされた簡単なセルフケアで、毎日を快活に過ごしましょう。